Latest Sumuie News

福島県の新築住宅・建築設計・FPライフプランの情報を発信する、住宅情報ポータル【住む家.info】の記事
田村市の施工例(田村産業株式会社)、設計アトリエ一級建築士事務所×田村産業のモデルハウス

田村市の施工例(田村産業株式会社)、設計アトリエ一級建築士事務所×田村産業のモデルハウス

06/17/2016

人気建築家と田村産業がコラボレート、田村産業のNewモデルハウス

田村産業株式会社Newモデルハウス
白い外壁にヒノキの格子が映えるモダンな外観。玄関扉を開けると、キッチンと水まわりをつなぐ通り土間が現れる。

斬新な基本設計を考えたのは、テレビ番組で”リフォームの匠”として活躍する「設計アトリエ一級建築士事務所」の瀬野和広氏。

そこに「田村産業株式会社」の設計士が地域特性に合わせて変更を加え、現場の職人が施工を手がけた。

同社の渡辺代表は、「瀬野さんとは、家づくりに対する考え方が一致していると感じた」と、基本設計を依頼した理由を語る。

家族をやさしい気持ちにする自然素材の温もりに包まれた空間

渡辺代表と瀬野氏は、地域性や立地を生かしたプランや自然素材の使い方で、意気投合。広いリビングの床や腰板はヒノキの無垢材。
田村産業株式会社NewモデルハウスIMG_9403

2階の奥には、がっしりとした米マツ。壁にも卵の殻を使った「エッグウォール」や火山灰を原料とする「シラス壁」
田村産業株式会社NewモデルハウスIMG_9522

モデルハウスにも自然素材がふんだんに用いられている。通り土間やベンチ、玄関脇の小上がりなど、斬新でクールに見える設計だが、自然素材ならではの風合いが安らぎを醸し出す。

階段や吹き抜けの手すり、梁がつくる連なりも美しく心地よい。

家族のコミュニケーションを育む”閉じこもる”空間のない間取り

想定した家族構成は、夫婦+子ども2人。間取りは1階、2階ともワンフロア。家族のコミュニケーションを重視するため、個室は設けていない。

子どもが小さいうちは、主寝室で両親と一緒に「川の字」になって眠り、小学生になったらLDKで宿題を片付け、集中したいときは、2階のスタディコーナーで学習する。1階と2階は吹き抜けでつながり、1人の時間を過ごしていても、お互いの気配を感じることができる。

「お子さんのための部屋が必要な時期は、案外短いもので、平均的には5、6年なんですよね。」と渡辺代表。

独立した個室が欲しい場合は、2階の多目的室や1階の納戸を充てるという。

自然の力を取り入れる設計と高い躯体性能で光熱費を削減

瀬野氏とは、冷暖房だけに頼らず、太陽の光や風など自然の力を取り入れる「パッシブ設計」でも意見が合ったとのこと。

モデルハウスの2階の長い軒も、その1つ。太陽が高い位置にある夏は、軒が室内に入り込む直射日光を遮り、太陽が低い位置にある冬は、日差しを室内の奥まで導く。光だけでなく、風を取り込む工夫も見られる。夏は2階のハイサイドライトを開放することで、風を室内に取り込む。
田村産業株式会社NewモデルハウスIMG_6649

風は階段を通り、1階まで涼しさを運ぶ。

渡辺代表は「住宅そのものの性能にも注目して欲しい。」と話す。断熱性・気密性に優れたパネルで、高い住宅性能と自由な間取りを両立する「スーパーウォール(SW)工法」。外気が入りやすい窓には、樹脂サッシとトリプルガラスを施した。1階の床には、ヒートポンプ式の基礎蓄熱暖房システムが導入され、冬は足裏に温もりを感じながら暮らすことができる。また、オール電化仕様で、太陽光発電システムも搭載されている。

渡辺代表:「住宅性能の高い家は、冷暖房費がかからず、暮らしに必要なランニングコストを抑えることができる」と話す。「何より一年中快適。家づくりをお考えの方は、一度ご見学ください。」

Point1 自然素材が家族の時間を包み込むリビング。天井や壁は調湿・消臭作用の高い「エッグウォール」を採用。

Point2 モデルハウスが建つのは、南側が主要幹線に面し、裏手が擁壁という立地。擁壁を積み増しせず、敷地面積を広げるため、敷地より三段低い位置にLDKを配置。同時に道路からの視線を遮り、プライバシーを確保。

Point3 玄関ホールには小上がりやベンチが。その奥に見える格子戸を開くとシューズクローゼットが現れる。

Point4 通り土間の床材は木目調のタイル。靴のままキッチンや水まわりへ行くことも可能。

Point5 ベンチから続くスケルトン階段が空間に広がりをもたらす。その奥にキッチン。

Point6 2階の多目的室には、堂々とした米マツの梁が「エッグウォール」の壁に映える。右側の壁のハイサイドライトは、パッシブ設計の1つ。

Point7 多目的室から階段を3段上がったところにはスタディコーナー。背後の吹き抜けが、1階にいる家族の気配を伝える。

Point8 主寝室は、壁に「シラス壁」、収納内部に炭を原料とする「バリアヘルスコート」を使用。「川の字」になって眠る家族を自然素材がやさしく包み込む。

基本情報

施工会社名田村産業株式会社
所在住所〒963-4317 福島県田村市船引町東部台1-8
電話・FAX・Eメール0247-82-0720/0247-82-1967/メールでのお問合せ・資料請求はこちら(リンク)
URL田村産業株式会社Webサイトはこちら(リンク)

田村産業株式会社Facebookはこちら(リンク)
事業内容新築、リフォーム、不動産、エクステリア、農業資材
定休日第二・第四土曜日、日曜日、祝日
営業時間08:00時-17:00時
得意なデザインナチュラルモダン、和風
建築価格坪55万円~坪70万円(税抜き)
その他

田村産業株式会社の地図画像

お問い合わせフォーム

必須お名前
 

必須メールアドレス
 

必須電話番号
 

必須郵便番号
 

必須都道府県
 

必須ご住所
 

必須件名
 

必須お問い合わせ本文
 

 入力内容をご確認の上、チェックを入れてください。