住む家.infoからご挨拶

まちの工務店・設計事務所で建てる家づくり

家づくりは何から始めた良いのでしょうか

家づくりの第一歩は『理想の暮らし・住まい』をイメージすることから始めましょう!

マイホームが欲しいと思ったら、まずは住宅雑誌やインターネット、展示場等での住まいの情報収集から始まりますが、具体的なイメージはなかなか掴みにくいのが現実です。

そんな中、もっとも参考にすべきは、「建物の実例紹介・施工例」「オープンハウス」等の見学会です。
より多くの住まい手の暮らしぶりや体験談から「住まいはこんな家が良い・こんな暮らしがしてみたい」というイメージがわいてくると思います。

このイメージや想いが本当に大切です

この住まいや暮らしのイメージが固まらないうちに住まい・家づくりを急ぐと、結局は失敗や途中での方向転換の可能性が高まります。
また、現在だけではなく、将来の生活の変化を頭に入れてイメージを作り上げていく必要があります。

例えば、子どもは何人ぐらい欲しいか、教育方針は、親とは同居するのか、将来の住み替えはないか、近隣住民との付き合いなど長期の視点でのライフプランを 立てることでも希望する土地・建物・予算は大きく変化します。

完全にイメージすることは難しいとしても、建物の間取りを描くように、ライフプラン(家族・家庭の未来予想図)を描くことによって、より理想に近いイメージを創り上げましょう。

では、どこで建てるか?家づくりの選択は?

1.ハウスメーカーに依頼をする
2.工務店に依頼をする
3.設計事務所に依頼をする

地元の工務店か全国展開のハウスメーカー、どちらに頼もうかと悩む方は多いようですが、家作りの第一歩として訪れる先は、やはり住宅総合展示場のハウスメーカーというケースが多いようです。

ハウスメーカーのメリットは

なんと言っても規模の大きさから来る安心感や気軽に見学できるモデルハウスやショールーム、そしてカタログ等の充実です。
また、資金等の相談などさまざまな情報提供をしてくる営業マンも『はじめての家作り』で不安いっぱいの建主にはかかせない存在となっているようです。

では、工務店や設計事務所はどうでしょうか

工務店や設計事務所は、その存在やどんな仕事をしているのかは一般的にあまり認知されていませんが、実は、新築戸建住宅の80%前後は工務店によって作られています。
規模は社員数人から50人以上まで様々で設計も設計事務所に委託をする、社内で行っているなど様々です。

そのために情報がばらばらで、結果的には

『なんとなく不安』とか、『馴染みがない、ハードルが高い』

という印象が強く、検討にいたらないことが多いようです。

しかし、工務店や設計事務所は、言ってみれば『まちの料理店』。和食や中華、イタリアンと専門料理店が目白押し、 実に数多くの個性豊かで良質な会社が存在します。

大手資材メーカーとの技術提携により、ハウスメーカーに勝るとも劣らない性能を持つケースも多く、コスト面でも膨大な経費のかかる大手メーカーと比較して割安なことも、大きなメリットと言えるようです。

『まちの工務店』で建てる家づくり!

『住む家.info』では、その中でも特に「こだわりを持った家づくり」を目指す地元である福島県の工務店や設計事務所にスポットを当て、 家づくりをもっと楽しく、そして充実したものをしていただけることを目的とし、気軽に、そして何よりも質の高い情報にこだわって『夢のマイホーム』づくりを応援いたします。

住む家.infoの役割、出来ること(リンク)